暮らし

布団乾燥機を使っても暖まらない?原因は故障じゃないかも!

テスト

布団を暖めたり乾かしたりするのに欠かせない布団乾燥機。私も布団乾燥機を愛用しているのですが、今年の冬、布団乾燥機を使っても布団が暖まらないという事件が発生しました。故障だと思って買い替えも検討したのですが、実はそれは故障ではなく…。

夏も冬も活躍する布団乾燥機

布団乾燥機って使っていますか?私は、外に布団を干すと花粉とか汚れとかが付きそうでイヤなので、布団乾燥機派です。布団乾燥機が1台あるととっても便利ですよ。

冬:布団を暖かく

冬は、お風呂に入った後すぐに寝るなら冷えを感じずに眠れるけれど、そうでない場合は冷たい布団に入ると寒くてなかなか眠れないですよね。そんな寒い日は、寝る前に15分ほどでも布団乾燥機にかけておくとポカポカの布団で安眠できます。今年の冬、うちでは毎日布団乾燥機使ってます。

夏:汗を乾かす

布団乾燥機は冬だけに使うものではありません。夏、汗で湿った布団をジメジメしたまま放っておくとカビとかが心配ですが、布団乾燥機で乾かしておくと安心。毎日清潔な布団で眠れます。

ダニも退治!

ダニをやっつけてくれるのも布団乾燥機の嬉しい機能です。布団乾燥機でダニを退治して、布団用の掃除機で吸い取ればダニ対策はOK!なはず。

布団乾燥機で布団が暖まらないときにチェックしたいこと

フィルターが詰まったり塞がったりしていない?

このように便利で頼りになる布団乾燥機なのですが、今年の冬のある日、布団乾燥機を30分もかけていたのに布団が暖まらないことがありました。そして、それが数日続き…。「故障かな?」「買い替えなきゃいけないかな?」と思っていたとき、その原因が判明。

それは、フィルターが塞がっていただけでした。

知っている人からしたら当然のことなのかもしれないけれど、布団乾燥機はエアフィルターから空気を吸い込んで、それを暖めて吹き出しているので、フィルターを塞いでしまうと暖かい空気が出なくなってしまうのです。今回の場合は、ちょうど掛け布団がフィルターの部分を塞ぐようにセッティングしてしまっていただけで、故障ではありませんでした。

また、フィルターにホコリが溜まって目詰まりしても、同様の理由で布団が暖まらない原因になるようです。そういえば、ドライヤーもフィルターの掃除を怠ると温風が出なくなるので、それと同じですね。

フィルターの掃除方法

では、ホコリが溜まったフィルターはどのように掃除すると良いのでしょうか。その方法は、フィルターの部分のカバーを外して掃除機でホコリを吸い取るだけ。エアコンなどのフィルターの掃除と同じです。

ちなみに、お手入れの頻度は月に1回程度が理想なのだそう。これまでフィルターの掃除なんてほとんどしたことがなかったけれど、故障を防ぐためにこれからはちゃんと掃除するようにしようかな。

まとめ

布団乾燥機を使っても布団が暖まらないときは、もしかしたらフィルターが目詰まりしているか、もしくはフィルターを塞いでいるのが原因かもしれません。故障を疑う前に、まずはフィルターをチェックしてみてください。