暮らし

【初心者DIY】ディアウォールを使用したダイソン用の壁掛けスタンド

テスト

最も人気な掃除機の1つ「ダイソン(dyson)」。吸引力が高いのでお気に入りです。そんなダイソンは自立式ではないこともあって、収納にお困りの方も多いのではないでしょうか。

ダイソン掃除機の付属品として、壁に取り付けることができる壁掛けホルダーがありますが、取り付けるには壁にネジ穴を空けることになるため、直接取り付けたくはないですよね。ダイソン用のスタンドとして様々な物が売られてはいますが、値段が高い割になんかダサい…。

これを解決するための、ダイソン用のスタンドを自作することにしました。DIY初心者の私でも、簡単にオシャレに安く作ることができたので、紹介します。

家の中を傷つけずに、簡単に安く作るためには

マイホームでも賃貸でも、出来ることなら部屋に傷はつけたくないですよね。そこで、はじめは自立式の形を考えていたのですが、初心者に作れるか心配。付属の道具を一緒に設置できるような機能性も考えましたが、ごちゃごちゃするのが好みではないので、シンプルな形にしたい。なるべく安く抑えたい、オシャレにしたい。そんな悩みや希望を叶えてくれるものとして、ディアウォールを使った壁掛けスタンドに決めました。

ディアウォールとは好きな場所に柱を作ることができるアイテムです。ホームセンターで販売されている2×4(ツーバーフォー)材という木材の両端に取り付けることで、ネジや釘など使わず、簡単に天井と床の間に木材を固定することができます。この方法のスタンドにすることで、壁を傷つけることなく、安価で簡単に作ることが出来ました。

ディアウォールを使ったダイソンの壁掛けスタンドの作り方

壁掛けスタンドを作るための道具

ダイソン用の壁掛けスタンドを作るために必要な道具は次のとおりです。
・2×4材(1本)
・ディアウォール(1セット)
・ネジ(2本)
どれもお近くのホームセンターで揃えることができます。

2×4材とは?2×4材の選び方

2×4は「ツーバイフォー」と言い、規格統一された木材で、ほとんどのホームセンターで手に入ります。安価で加工しやすいため、DIY初心者から熟練者まで非常に人気のある木材です。2×4材はSPF材と呼ばれ、SPF(エス・ピー・エス)とは、Spruce(えそ松)とPine(松)Fir(もみ)の3種が混合した木材です。角にやや丸みがあり、比較的に軽くてやわらかいのが特徴です。

木材には2×4材だけでなく1×4材や2×2材など様々ありますが、ディアウォールに使用できるのは2×4材のみで、サイズは幅89mm、厚み38mmとなります。長さはフィート単位(ft)で、6フィート(1820mm)、8フィート(2438mm)、10フィート(3050mm)、12フィート(3660mm)といったかんじで販売されています。

2×4材の選び方は、設置予定の天井の高さから、ディアウォールを取り付ける分の約40mmを引いたサイズにしましょう。我が家を例にあげると、天井までの高さが2385mmだったため、40mmを引いた2345mmが必要な長さとなります。余裕をもって10フィートの木材を購入し、不要な部分はホームセンターでカットしてもらいました。お店によって差はあるでしょうが、1カットたったの30円で、機械でカットしてくれます。自分で切るよりも、真っすぐ・キレイ・一瞬で準備できるので、お店でカットしてもらうのがオススメです。

柱を支えるディアウォール

ディアウォール

ディアウォールとは2×4木材の両端に付けることで、柱を作ることができます。天井側のディアウォールについている強力なバネで、天井と床を突っ張るという単純な構造になっています。女性でも簡単に設置することができます。

価格は1000円前後で、カラーはホワイト・ライトブラウン・ダークブラウン・ブラックなどあります。スペーサーと呼ばれる厚さ2mm程度の板が付属品としてあるので、もし木材が少し短くなってしまったと感じる場合には、スペーサーを入れることで微調整できます。

ディアウォールと同様のアイテムに、ラブリコというものがあります。ディアウォールがバネの力だけで突っ張る仕様に対し、ラブリコはバネとネジの力で突っ張る仕様になっています。個人的には大差ないように感じているので、お好みのデザインで選ぶのも良いでしょう。

ネジは、木材の厚みと、ダイソン付属の壁掛けホルダーの穴の大きさから、適当なサイズが2本あれば結構です。私は店員さんと相談し、M4.5×38(mm)の物を選びました。価格は100円前後。

その他のオススメアイテム

お好みで次のものがあると良いです。
・ヤスリ
・塗料、ニス

2×4材は断面によって切り方が荒く、表面がツルツルではありません。その場合は、ヤスリで少し磨いておくと良いでしょう。紙ヤスリの場合は1枚数十円程度と安く購入することができます。怪我の防止になりますし、仕上がりがキレイになります。

2×4材の木そのものの風合いも良いのですが、色を塗ることでお部屋の雰囲気にあったものにグッと近づきます。塗料を塗った後は、柱の表面を守るために、ニスを上塗りしました。写真は手前が塗料を塗ったもので、奥が塗る前の物です。基本的には室内で使用するため、ニスは必要というほどではないのでお好みで。ちなみに100円ショップのSeriaでも購入できます。

その他、100円ショップで飾りになる物をつけて、オリジナル性・オシャレ感を演出するのも良いでしょう。私はシンプルに仕上げたかったので、飾り物はつけませんでした。

壁掛けスタンドの作り方組み立て方

準備が出来たら、組み立ては非常に簡単です。木材に塗料をする場合は、組み立てる前に済ませておきましょう。

柱となる2×4材に壁掛けホルダーの取り付け作業を行います。組み立てた時の実際の高さをイメージして、木材に取り付ける高さの目安を決めます。当然のことですが、位置が低すぎるとダイソンと床がぶつかって取り付けることができません。取り付けた時に、ダイソンが床から少し浮く程度の位置が良いでしょう。

壁掛けホルダーの穴を通して、ネジを付けます。この時、2×4材よりもホルダーのほうがわずかに大きいですが、違和感なく仕上がると思います。ネジは電動ドリルがあればより簡単ですが、2×4材がやわらかい材質のため手回しのドライバーでも取り付け可能です。手回しでネジをつけることができないほど力が無い場合は、キリであらかじめ下穴を空けておくと、小さな力でネジを締めることができます。

ホルダーを取り付けたら、あとはお好きな場所に設置して完了です。すごく簡単!

自作してみた感想

ホームセンターで材料の購入に多少の手間はかかるが、塗料代をのぞくと、材料費は約1500~1600円という低価格でオリジナルのスタンドを作ることができました。省スペースで収納でき、高い安定性を感じます。DIY初心者でも簡単でお洒落に作れました!大した手間もかかっていないのに惚れ惚れ・ニヤニヤしてしまいます(^ω^)。是非、参考にしてください。

ダイソンに弱点はある?使い続けて気付いたことパワフルな吸引力が魅力の掃除機、ダイソン。うちでも、昨年からダイソンを愛用しています。ダイソンは、フローリングのゴミもカーペットのゴミも...