アウトドア

初心者でも簡単!ハンモックの木への取り付け方

テスト

ハンモックに乗りたい。ゆらゆらと揺られてみたい。でも、ハンモックを取り付ける場所もないし、使い方がわからない。そんな方も多いのではないでしょうか。

私もハンモックを使いたくて布の部分は購入していたのですが、その他の道具を揃えてなくて何年も放置している状態でした。そんな私も今では、身近なものを使って、簡単にハンモックを取り付けることができるようになったので紹介します。

ハンモックの種類

ハンモックの使い方には、大きく分けると2種類のタイプがあります。
① 木に結び付けて使うタイプ
② スタンドにセットする自立式タイプ
今回は①の木に結び付るタイプの使い方について紹介します。この方法を身につけておけば、アウトドア・キャンプの時に活躍し、ワンランクアップしたキャンパーになれます。

ハンモックに必要な道具

ハンモックを木に取り付けるためには、紐・ロープ、フックといったハンモック専用の道具がありますが、身近な道具で充分代用できます。

必要な道具は次のとおりです。
・紐 2本
・タオル 2枚

木に結び付けるのに使用する紐は、荷重に耐えるために太め(6~8mm程度)のものを選ぶようにしてください。しっかりと結ぶ必要があるので、滑りにくい紐が良いです。素材としては対候性を考えると、麻や綿などといった天然素材のものよりも、ポリエステルといった化学繊維のほうが劣化しにくいです。身近に代用できるものが無ければ、お近くのホームセンターで、1000円未満で購入することができるでしょう。

タオルは樹皮を傷つけないよう保護するために使います。小さなタオルより、厚手で大きめのタオルのほうが使いやすくておすすめです。ある程度、使いこんだバスタオルなんかで良いでしょう。直接木に結び付ける人を見かけますが、木が傷つくだけでなく、マナー違反はまわりの人の気分も害します。木にやさしく、みんなが気持ち良く自然を楽しめるよう心がけましょう。

ハンモックを木に付ける方法

まずはハンモックを取り付ける場所選びです。ちょうど良い距離間の木が生えている場所を選びましょう。人が乗って揺れるため、ある程度の太さのあるしっかりとした木を選んでください。ハンモックは付け方よりも場所選びが重要です。

1.紐を木に回し、紐を輪に通す

ハンモックの木への取り付け方
半分に折った紐を木に回し、輪になっているところに紐を通します。
画像ではわかりやすいようにタオルを使用していませんが、紐が木に接触する部分にタオルを挟みましょう。

2.ハンモックに紐を通す

ハンモックの木への取り付け方
ハンモックの後ろ側から紐を通します。
木に回した紐を引っ張り、しっかりと締めておくと安全です。

3.手前に通した紐を、ハンモックの後ろ側へ回す

ハンモックの木への取り付け方
ハンモックの木への取り付け方
ハンモックの後ろ側から手間に通した紐を、ハンモックの後ろ側へ回します。
画像ではわかりやすいように地面に置いて行っています。

4.紐を通す

ハンモックの木への取り付け方
画像のように、紐とハンモックに出来た輪に、紐を通します。

5.しっかり締めれば完成!

ハンモックの木への取り付け方
紐を上へ向かって強く引っ張り、しっかりと締めれば完成です!
このとき、強く締めても、片付ける際には簡単にほどけるので心配いりません。

同じようにもう片方を木に結び付ければ、ハンモックの取り付けは終了です。
写真のとおりにすれば、初心者でも簡単にハンモックを取り付けることができます!
ハンモックの木への取り付け方
ハンモックの木への取り付け方
ぶら下がっているピンクの物は、ウォークマンやiPodなどのプレーヤーを内蔵できるスピーカーです。
音楽を聴きながら自然を満喫できてオススメです。

紐を結んでいる最中に、結び方が緩いのではないかと感じるかもしれませんが、人が乗り、紐が引っ張られることで安定します。反対に、紐にかかっている荷重を緩めることで、簡単に紐・ハンモックを外すことができます。

ハンモックを使ってみて感じたこと

長年放置していたハンモックでしたが使ってみると、はじめに少しもたついたぐらいで、簡単に取り付けることができました。大人4人が順にハンモックに乗ってみましたが、緩む様子も無く、びくともしません!ハンモック専用の道具が無くても、身近な道具で充分のようです。取り付けるのに力はあまり必要ではなさそうだったので、女性でも充分可能です。

ハンモックに乗ってみると思った以上に気持ちが良く、キャンパーとしてワンランクもツーランクもアップしたように感じます!みなさんもハンモックライフを楽しんでください。