アウトドア

スキレットがサビてしまった時の対処法

テスト

外でちょっとした料理をするときに、我が家では必需品となっているスキレット。お手頃価格で買えるので、男性にも女性にも人気のアイテム。ニトリで購入した、ポピュラーなものです。

あるキャンプの翌朝、清々しい朝とともに朝食を作ろうとしたところ、なんとスキレットがサビついていました…Σ( ̄□ ̄|||)
たった一晩で、スキレットのあちこちに直径1~3センチの茶色のサビが複数出現しました。
今まで何度使用してもなんともなかったのに、こんなことは初めてです。

それから改めてお手入れ方法を確認して以降、全くサビついていません。
そこでスキレットがサビた時の対処法、サビないためお手入れ方法について紹介します。

サビついたスキレットの対処法

スキレットに出来たサビはしっかり落としましょう。

  1. 強火にかけて熱します。
    錆びている箇所には外側からも内側からも直接火を当てて、錆を炭化させます。
  2. スキレットが冷めたら、金属たわしや金属ヘラで表面を削るように落とします。
  3. 仕上げに硬いナイロンタワシと洗剤でフライパン全体を磨きます。
  4. 最後に「使用前のお手入れ」を再度行います。
    洗剤を使用したため、スキレットになじんだ油が取れてしまうため。

サビないようにするための洗い方

  1. お湯とたわしで洗う。洗剤は使わない。
    「洗剤を使わずに、お湯とたわしで洗います。」日常生活のクセでつい洗剤を使いたいところですが、洗剤を使うとスキレットに馴染んだ油がとれてしまいます。お湯を使用するのは汚れが落ちやすいということと、熱い状態で冷水をかけると割れる原因になるためです。
  2. 火にかけて水分を飛ばし、油を塗りコーディング。
    洗ったあとは水分を拭きとるだけで終わらず、火にかけてしっかりと水分を飛ばし、油を塗ります。濡れないように新聞紙などで包んでおくとより良いです。

私は水分を拭きとるまでで終わり、後は自然乾燥させよう!としたところ、翌朝にはサビてしまっていました。
水分を飛ばしても夜露で濡れやすくなるため、面倒くさがらずに油を塗るまでしましょう。
そうすることで、後々の面倒な作業から逃れることもできます。

上記が理想ですが、キャンプ場ではお湯の用意が難しいですし、洗剤を使いたい場合もあります。あまり神経質にならずに、ある程度のポイントだけ抑えておけば大丈夫です!
もし錆びついたとしても、またシーズニングし直せば使えるようになります。

まとめ

スキレットがサビないようにするためのポイントは、水分で濡れた状態にしないことです。
「火にかけて水分を飛ばし、油を塗る」ことで、サビを防止することができます。