外あそび

山菜とりに挑戦!食べられる山菜って?

山菜
テスト

春の味覚、山菜。我が家の場合は、 毎年春には 主人の実家から山菜のおすそ分けをもらっているのですが、今年、私も初めて山菜とりに連れていってもらいました!今回は、そのときの様子と食べられる山菜はどれかについて書いておきます。

山菜のシーズンはいつ?

山菜のシーズンは、地域や山菜の種類によっても異なると思いますが、お義母さんいわく、「4~5月頃」とのことでした。私たちが山菜をとりに行ったのは4月中旬。「まだちょっと早いのでは…」と言われましたが、今年は4月から暖かい日が続いたおかげか、運良くたくさんの山菜を見つけることができました。

食べられる山菜にはどのようなものがある?

私にとっての山菜のイメージといえば、なんか先端がグルグル巻きになっている、ゼンマイのようなもの。山に到着して川のそばを歩いていると、さっそくそのような植物を発見しました。

「見つけた!これは山菜?」と聞いて見ると、それは食べられないものだそう。素人ではなかなか判断が難しい…!

では、食べられる山菜にはどのようなものがあるでしょうか?ここでは、今回私が採集した山菜をいくつかご紹介します。

ゼンマイ

ゼンマイ

山の急な斜面の部分にたくさん生えていました。生えているときはフワフワした綿のようなものに包まれていて、なかなか見つけるのが難しかった!

ちなみに、ゼンマイには「男ゼンマイ」と呼ばれるものと「女ゼンマイ」と呼ばれるものがあるのだそうです。男ゼンマイは、先端の部分を触ってみると硬くて、食べるのには向かないんだって。

コゴミ

こごみ

コゴミはあちこちにたくさん生えていました!集団になって生えていて、1つの集団に数本ずつあるのですが、とるときは全部とってしまわずに、1~2本残しておくのがルール。そうすればまた生えてこられるとのことでした。

ワサビ

わさび

お寿司や刺身に欠かせない、あのワサビの茎や葉っぱ。食べられるんだそうです。小さな白い花をつけていました。

タラノメ

タラノメ

タラノメは、タラノキという木の先端に生えています。ちなみに、タラノキには棘があるので、手をケガしないように注意して採集しましょう。

フキ

フキ

フキは茎を食べるらしいけれど、若くて柔らかいものであれば葉っぱごと食べてもOKらしい。ちなみにフキの花(つぼみ)がフキノトウですね。フキの茎もフキノトウも少量ずつ採集しました。

カンゾウ

一見、ただの草にしか見えないのですが、これも食べられる山菜だそうです。茎の根元の部分が平べったくなっているのが特徴的だと思う。

ちなみに、「カンゾウ」と聞くと漢方薬の名前でそういうのがあったような気がする…と思ったんだけど、どうやらそれとは別物のようです。

まとめ

山菜

上の写真が今回私たちがとってきた山菜(の、ほんの一部)!上にあるものから時計回りに、ゼンマイ、フキ、フキノトウ、タラノメ、カンゾウ、コゴミです。ワサビは撮影前に処理をしてしまったため、画像なしです。だいたい1時間ほどの採集だったのですが、たくさんの食べられる山菜をゲットできました!初めての山菜採集、けっこう楽しかったです!

鍋
山菜採集・続編。山菜の処理方法と食べ方は?前回の記事で山菜採集に行ったことを書きましたが、今回はその続き。山菜の処理方法とおいしい食べ方について書いておきます。「山菜ってどうやっ...