暮らし

使い捨ての雑巾「ウエス」で、拭き掃除が好きになる!

テスト

雑巾がけで嫌なことといえば・・・

夫「フローリングを水拭きしたいよね。」
私「えー?!水拭き?めんどくさい。掃除機で良くない?」
夫「水拭きじゃないと取れない汚れもあるよ。」
私「じゃあフローリングワイパーのウエットシートを使おう!それか、やってくれるなら良いけどー。」

と、そんな会話をし続けてきた数年間。

たしかに、掃除機じゃ取れない汚れもあるし、フローリングワイパーでも雑巾がけほど汚れが落ちるわけではないと思うんだけど、雑巾がけはどうしても面倒に感じる。

雑巾がけの何が嫌かというと、私にとっては次の2つでした。

雑巾を洗うのがイヤ

人によっては、「腰をかがめて床を拭くのが大変」っていうのが雑巾がけをしたくない理由なのかもしれないけど、私にとってはそこは別に良くて、一番嫌なのは雑巾を洗うという行為。
使用済みの雑巾は、ホコリとかが絡みついてて汚いし、洗っても真っ白に戻るわけでもない。そもそも汚れた雑巾をどこで洗うと良いのかわからない。キッチンで洗うのなんて嫌だし、だからといって洗面所が正解なのかもわからない。

使用済みの雑巾を置いておくのがイヤ

雑巾を洗い終えたら、今度は、洗った雑巾をどこに置くのかという問題が発生します。汚い雑巾を家の中に置いておくのがなんか嫌。っていうか、どこに置いておけば良いのかわからない。
ちなみにうちでは、以前は窓際に掛けて乾かしていましたが、それが良いとは全然思ってなかった。

ウエスって?

そんな問題をすべて解決してくれるのが「ウエス」です。ウエスとは、元々は機械の油や汚れなどを拭き取るために使われる布のことだそうで、ホームセンターなどで販売されているようです。

ウエスの良い点は、使い捨てができること。汚れを拭き取ったら、そのままゴミ箱にポイできるんです。つまり、雑巾がけをしたくない二大原因である「洗う」「保管する」という行為をせずにすむのです。

ウエスの作り方

「便利そうだけど、わざわざ使い捨てする雑巾を買うのはもったいない」って思うかもしれませんが、ウエスは自分で作れるので、買わなくてOKです。
ちょうど我が家の場合は、古くなったタオル&バスタオルがたくさんあったので、これでウエスを作ることに。
作り方は簡単。タオルなど不要な布をお好みの大きさにカットするだけです。

作り方

  1. タオルの端の硬い部分にハサミを入れる。
  2. 切り込みを入れた部分から引き裂く。
  3. 繊維の方向によっては裂きにくいので、そこはハサミでカットする。

私の場合は、小さめのサイズと中くらいのサイズの2種類のウエスを作っておきました。できあがりはこんな感じ。


タオルをビリビリっと引き裂くのは、なかなかストレス発散になりますよ。

でき上がったウエスは、紙袋に入れてS字フックにかけて収納してます。

ウエスがあれば、嫌いだった雑巾がけが楽しくなる!

ウエスを作ってみて良かったことは、雑巾がけが億劫でなくなったこと。結婚してから数年間、雑巾がけなんてまともにした記憶がない私が、フローリングとか壁とかの雑巾がけをするようになりました。雑巾がけすると、やっぱり汚れが落ちてスッキリして気持ち良いですね。あんなにしたくなかった雑巾がけが、楽しく感じます!

まとめ

洗ったり保管したりする必要のない使い捨ての雑巾、ウエス。ウエスを使えば、ストレスなく雑巾がけができるようになるはず。不要な布があればウエスを作って、掃除に活用してみては?

使い道はたくさん!使い捨て雑巾「ウエス」の活用法使い古したタオルやTシャツをカットしてウエスを作り始めてもうすぐ1年。最初は「何に使うと良いの?」と思っていたけれど、だんだんいろんなこ...